水回りリフォーム

トイレやキッチン、お風呂などの水回り設備は、汚れる頻度も高く、また使い勝手の悪さを感じやすい場所でもあります。
見た目に汚れが目立っていなくても、10年近く使い続けていると、内部の配管や設備は老朽化により劣化しています。

腐食が進んで水漏れのようなトラブルが起きる前に、水回りリフォームをぜひご検討ください。

タイプ別に見るトイレの種類

■組み合わせ型

タンク、便座、便器がそれぞれ別の個体になっているタイプで、組み合わせ次第でコストを抑えることができます。
故障した際も部分的な交換ができるメリットもあります。

■便座タンク一体型

タンク、便座、便器が一体になっており、デザイン性や手入れのしやすさが向上しています。
組み合わせ型に比べて、高い機能を持つ商品が多いのも特徴です。

■タンクレス

水を流すためのタンクを排除し、水道管から直接流す仕組みです。
最近特に普及しており、メーカーが力を入れているため、高性能・多機能な商品が多くなっています。

対面型システムキッチンの種類

■I型キッチン

コンロからシンクまで横一線に並んでいるキッチンです。
キッチンの前にカウンターを設置できるため、セミオープンキッチンとも呼ばれます。

■L型キッチン

L字型に配置されたキッチンです。
I型よりもスペースが広いため、高い人気があります。

■セパレート型キッチン

シンクとコンロを分けたキッチンです。
Ⅱ型キッチンとも呼ばれ、I型とL型のメリットを合わせ持っています。

■アイランドキッチン

キッチンと壁が接することがなく、「島」のように部屋に置かれているタイプです。

■ペニンシュラキッチン

キッチンの片側だけが壁に付いているタイプで、対面型キッチンの一般的なスタイルです。

さまざまな形状の浴槽

■ストレート浴槽

一般的な浴槽で深めに設計されることが多いため、全身浴にむいています。
一般的なタイプですので、色やデザインは豊富にあります。

■ななめ浴槽

長方形の片方をななめにカットしたような形状の浴槽です。
足を伸ばして入浴したい方におすすめです。

■たまご型浴槽

卵のように真ん中部分が横に膨らんだ形状をしています。
通常の浴槽に比べて入りやすい特長があります。

■アーチ型浴槽

浴槽の縁がアーチ状になっている、スマートな形状の浴槽です。
アーチ部分が薄く、縁の中央が掴みやすいためお年寄りや小さなお子様も安心して入れます。

■Sライン浴槽

浴槽内に段差があり、自然に節水ができます。
さまざまな使い方ができ、半身浴におすすめのタイプです。

内装、水回り、外構のリフォームのことなら川越工務店

【TEL】0748-62-9881/090-2195-0100
【所在地】滋賀県甲賀市水口町山625番地11
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】甲賀市を中心に滋賀全域対応

一覧ページに戻る